FC2ブログ
 

バラとハーブと緑の空気

新年会

ハーブ研究グループ・ハーブスコップの1月例会は、毎年1品持ち寄りの新年会として行っていましたが、今年はお気に入りのレストラン・コストの冬バージョンの料理を堪能したいという希望があり、行ってきました。早々と予約していたので、スムーズに取れてよかったです。
キク芋のスープに始まり、地鶏のキッシュ、焼き蕪や丸大根や人参、菜花などのサラダ、長芋のフリット、サーモンマリネなど9点盛りの前菜。菜花のサラダはソースとても美味しかったので、思わず聞いてしまいました。
メインは、岩中豚バラ肉の煮こみ・クスクス添え、真鯛のポワレ・ハニーキャベツとフレッシュトマトをそれぞれ選択。
デザートはタルトタタン・パフェ仕立て、ブラン~レアチーズ・柚子・フロマージュブラン・ライム~(正面と背面)、苺のパリパリタルト・焼バナナアイス(お皿の色はソースを縫っています)に分かれました。さらにプチフール付。
もう1回冬の間に行って、違うお皿を味わいとの感想がありました。

20200116_113417.jpg   20200116_114331.jpg   20200116_121437.jpg
20200116_121735.jpg   20200116_124723.jpg   20200116_124740.jpg
20200116_124937.jpg   20200116_125314.jpg   20200116_130316.jpg

スポンサーサイト



PageTop

ミイラ展

今年最後のハーブスコップの月例会は、ミイラ展の見学会でした
ハーブ年強調文表製作の時にもミイラについてはかなりの文献を調べましたので
今回も学びのよい機会と、展示物に少々ドキドキしながら計画しました
いつもは勉強会や見学会後に食事をしながらの情報交換をするのですが
今回は内容が少し刺激的な感じがしていたので、先に食事をすることにし
韻松亭で花籠膳をいただきました(^^♪
ミイラ展は、今まで主に目にしていたエジプトのものに加え
南米を始めヨーロッパ、オセアニア、そして日本のミイラなど
民族性の異なるミイラに
その由来や宗教観など多くのことを感じさせらるものでした
韻松亭2019・12・19 20    P1090032トリ 

PageTop

ローズカフェ

殿ヶ谷戸公園の後
メインの目的地のローズカフェへランチを兼ねて移動
台風の被害もあったそうですが
秋バラがピリッとした空気の中で咲いていました
急に涼しくなった初秋らしい日。つい先日まで気温が高かったのですが
例年より大分涼しく秋を感じる見学会となりました
20191016_115209   20191016_120059   20191016_120211   
20191016_120241   20191016_120303   20191016_120358   20191016_120444

PageTop

殿ヶ谷戸公園

ハーブ研究グループの例会で、今回は見学会・殿ヶ谷戸公園
植物に秋の実りが訪れていました
20191016_105203 20191016_105808 20191016_105857 20191016_105950
20191016_113549 20191016_113614 20191016_114047

PageTop

駒ヶ根で見学会

先日、ハーブ・スコップの例会で
駒ヶ根の養命酒工場へ見学会に行きました
以前から、芍薬の畑を見たいという話はあったのですが
プライベートではいつも車だったので
交通の便が少し心配でした
しかし友人から高速バスがよいというアドバイスを受け
新宿から約4時間、日帰りで行ってきました
芍薬の畑は以前に比べて半分以下の面積になっていましたが
その部分に新しく(今年から)養命酒ハーブの庭が作られていました
広々として太陽がさんさんと照り、しかし木陰は涼やかな環境で
植物たちは幸せそうに輝いて見えました
さまざまな工場見学がありますが
包装工程だけとか、試食だけというところもある中、
こは見学も説明も充実していると思います
試飲は左からハーブの恵み、琥珀生姜酒、高麗人参酒
フルーツとハーブのお酒ではピンクグレープフルーツとジンジャ―
ザクロとローズヒップス、白桃と杏仁
そして後ろが左からクラフトジン香の雫、グレープフルーツとハーブのジンカクテル。
れも美味しくいただきました

P1080571.jpg   P1080579.jpg
P1080584.jpg   P1080588.jpg   P1080590.jpg
P1080591.jpg   P1080592.jpg   P1080653 試飲20 

PageTop