FC2ブログ
 

バラとハーブと緑の空気

千畳敷

標高2,612㍍ 駒ヶ岳千畳敷
岩の山は中央アルプス宝剣岳、反対側からは南アルプスと富士山
早朝ならではの、雲一つない眺望
散策中に、少し薄雲が広がりました

出で立ちは、ブラウスにカシミアのセーター、ウィンドブレーカー。
差しがあるので、ライトダウンは着ずにすんでいます

20190927_074526.jpg 20190927_090116.jpg
20190927_075503.jpg 20190927_074201.jpg

PageTop

シカクマメ

携帯からfacebookに上げてしまうようになると
こちらの方がおろそかになってしまっています

さて、
この景色はどこでしょう?
いきなりクイズではありませんが、東京の景色です
日の出町の特養、屋上からの眺望です
山が綺麗に見える日、久しぶりに利用者さんも屋上散策ができました
景色を楽しみつつ、大根の間引きやシカクマメの収穫をしました
植え替えは屋内でしましたが…

シカクマメの花、綺麗ですね♪
収穫した豆は茹でて試食しました
普段見慣れない食材に初めは怖々でしたが、
サラダのようにしていただきました

P1080764 景色20    P1080763 景色20 
P1080756 シカクマメ花20    P1080761 シカク豆20    P1080766 切り口トリ 30 

PageTop

フレンチ・レストラン

慌ただしくしている間に、ひと月以上開いてしまいました
FBの方は更新していたのですが…

羽ノ浦駅から2キロほどのところにあるレストラン・ルゥ(Loup)
シェフはJHTA(日本ハーブセラピスト協会)の会員でもあります
お店は昨年の初夏にオープン
ハーブの講座で初めてお目に掛かった時には
休耕地にレストランを開いて地元を活性化したいとお話されていましたが
あっという間に実現されました
お店が忙しくて、まだやりたいことがなかなかやれていないとのことでしたが
ランチは来年2月、ディナーも11月まで予約が埋まっているというのですから
嬉しくもありますね
ハーブを沢山植えこんだ庭が食事をしながら堪能でき、自由に散策もできます
しつらえも庭の植物で賄っています
器もお料理もシェフの思いが篭もっており
とても手がかかった繊細な料理が供されています
今回頂いたランチは
アミューズ
前菜はオマールエビのミルフィーユ
濃厚なスープはビソワーズ
阿波牛のソテー
デザートにはラヴェンダーとバタフライピーが使われていました
ブドウのツルをフォーク代わりのプチフールも素敵です
ティーは庭からハーブを摘んできて、淹れていただきました
徳島に行かれる折には、足を延ばしてみては如何でしょう

20190831_115953    20190831_120216 20    20190831_120551 20
20190831_121035 20    20190831_121620 20    20190831_122554 20
20190831_123618 20    20190831_125810 20    20190831_131538 20
20190831_134323 20    20190831_135517 20    20190831_140521 20

PageTop

ハーブ・ティー

穂高ブルーティー
新穂高ロープウェイの終点にある売店に、看板が出ていました
素材は何だろうと聞いてみると
今流行りのバタフライピー(マメ科 学名:Clitoria ternatea L. 原産地:タイ)とのこと
葉は飼料に、未熟な豆は食用に
そして画像の花をティーとして(その他化粧料などにも)利用されます
アントシアニン系の色素を含むため
散に反応してレモンなどを入れると変色するのは、マローやラヴェンダーと同じ
癖がないので飲みやすいティーです
どうしてそこで売られているのか、場所との関連は聞きはぐってしまいました

20190725_113608 30    20190725_113755 30    Clitoria_ternatea.jpg

PageTop

高地植物

標高2156mの地に咲く植物たち
ロープウェイで上がれてしまいます
新穂高ロープウェイ 西武尊口駅付近の散策にて。

20190725_110506.jpg   20190725_110735.jpg   20190725_111851.jpg   20190725_112344.jpg

20190725_112057.jpg   20190725_112057.jpg

PageTop